広告

20160904

言の葉の庭を見た、15歳の少年に27歳のメンヘラ美人が依存する構図最高なんだが?言い訳しようがない淫乱ババアだよ金麦さん…しかも元カレ不倫でしょ アレ加減が増していいよね 正答が拒否されてもめげずに押し倒すだったのもいいよね、とか。

で、最近何書いても自分語りに脱線するのアレよなとか思ってたが、公共性高いヤフー映画とかの感想欄じゃなくて自分のブログなんだからどう脱線したところで俺の勝手だ、とか。

という宣言を置いたので話逸らしてくと、先クールから亜子にドハマりしたのとか、久し振りに上崎さんの話題を出したのが罪木アイコンでだとか、まあわかりやすすぎて我ながらちょっと面白いんだけど、今のも三葉がいいキャラしてたよねーかわいかったよねーって感じに話進むのがちょっとうーんって思うし、いやもちろん悪いキャラではなかったけど強くフックされるような魅力はあまり…。とそこにこれ見てざーさんめっちゃ魅力的なキャラだな!ってなって実にわかりやすくて…。

(美人の)メンヘラだのヤンデレだのに振り回されたい願望、物語を摂取しないと生きていけないのと同様に自分の人生を物語めいたものにされたい願望?単に構われたいちゃんなだけでは?だってさー言の葉の庭の何あの文学的な出会いでめんどくさい女に捕まりました!って導入、かーっまず新宿御苑に日常的に通える素地がさあ…とか言いたいけどこれは逸れすぎる、とにかくまずあそこでグッと掴まれてこれ絶対面白いわってなったわけだけど、一方で今日は家で見たからか覚め気味で、こーゆー人間関係の機微に面白あじを見出すのつらくないか、などと考えていた。

シン・ゴジラだってもう超格好良くて絶賛ですよと言ってるがその格好良さも大学のコネの有能な人間の機微なんだよなあとか思ってただとか(これはこっちじゃなく増田に投げたっけ)、人生の取り返しのつかなさがそろそろわかりやすく形作られてきた反動か、まだ娯楽何も楽しめねーよってことはなく全然むしろ昔より感受性豊かに楽しめてますよとか言えるけど反面フィクションで成功者いてもなーとかこーゆー思いがこれも昔からずっと物語見つつ感じる方だったけれど、同じように大きくなってるようなーって感じ。すげえ面白かった!ってのめり込んで熱中しつつでも感想詰めてくとあれやこれや本質じゃないけど思うところは大きくあるよね!って両立するし、まだ歳食わない内は後者が致命的にまでなることはないと思うが、中高生の恋愛!系ではダメージ負わないし、とか

なんだろう、オタクのくせに人間関係をベースにおもしれーってなるの人間の社会性捨てれてなくて弱くない?とか思いつつ、何遍か書いてきたけどオタクが非コミュとか匿名掲示板流行った時期の幻想でしょ、コミケを見ろよ、その匿名掲示板でもリア充って言葉がさんざ汚染されたのに(リア充狭義原理主義)って思想からすればそこに面白さ感じるの当然でしょとも思うし、そもそも普通名作とされるのってその機微をうまく描けるからでしょ、でずっぽりそんな文化の中で生きてきたんだから今更現実の方で拗らせてるぐらいでその感受性変えられるわけないんだから、それに引っ張られてフィクションが楽しめなくなったらいよいよ逃げ場無くなるけどどうするの?ってやつだ。

Twitterで言いたくないことは愚痴るんじゃなくて書かないようにするで対応するの、万が一熱心にツイート追ってる人がいるとすれば、あんなになんでもTwitterに書くのにああいうことは言わないってことはあの辺ああなんだろうな、って推測立てれるぐらいにはバレバレだけど、例えばまあ金ないことについて金がねーって直接書くことは避けるみたいな。マイナスの愚痴は読まされる方もつまんねえよって話もそうなんだけど、それよりも年収○○○万なんだーとかはっきり書いちゃうとTL確実に稼いでる人の方が多いし別に直接マウンティングする気はないにせよ、例えば実際にもらったリプだともちろんボーナスはガチャ資金にして蘭子まわすよね、とか来るとウチボーナス出ないんですよとか返したくないじゃん、社会じゃ基本的に出るものでしょ、自分からわざわざ劣ってるってことを口にしたくないし向こうだってそういうリプ帰ってきて気を遣うことになったらめんどくさいでしょ、んでそうなった時に向こうは別に悪意ないし出るの当然って世界で生きててそういう仕草になるわけだけど、わざわざ下の世界から繊細チンピラこっちだってぶつけたくないし、でだからこれを事前に弊社ボーナス出ませんとか愚痴ってかつその人が別にTL掘らないタイプで見逃しててリプ来たとかなったら露骨な矛盾ツイート残すことになってんで共通フォロワーにはたまたまどっちも見た人がいて、とかの状態なったらって考えると大変面倒くさい、ので元から黙っていればそういうシーンが実現しても適当に誤魔化せて俺の内心に留めればいいわけで、ってゆーことぐらいは今言語化する前から漠然と考えてたことになる、今までの行動に理屈づけるとこうなる、ホンマ繊細チンピラだなコイツ…。ということを考えるので逆にプラスのこともあんまそれが当然であるかのように書かないようにするよね、もしくは最初から口にしないよね、ガチャ結果は全てが運なのでどうしようもない、ので担当じゃなかったらツイートしないとかね、分不相応にまともな環境な会社に入れたって枕詞忘れないとかね、恵まれてる人間は堂々としていてほしいが恵まれすぎてる自覚を持ってほしい、というスタンスなので、恵まれてる自覚ありますよってエクスキューズを忘れないように意識的に振るまう、過度な謙遜は言うまでもないが、無自覚にこれぐらい当然でしょ、ないし最上位ばかり見て上位の自分は全然ですよ、的仕草はされて嫌だからしないように頑張って努める、ということ。まあこの意識は昔からずっと持ち続けていてなお留年中にPCクライアントから昼間のツイート止められなかった過去があるんであんまりアレですが…。留年、どう考えてもクソ恵まれてる人間仕草。

でも現実にメンヘラに絡まれたら無邪気に楽しみ続けれるような対応力ないと思う。俺の人間性能じゃむりぃ。まあそれで愛想尽かされるなら全然マシな方で、メンヘラは相手もメンヘラにするからなー。引かれ合う、よりもっと質が悪いやつ。有名な例、良き倫理を!さんは距離3とか4ぐらいありそうだったし死んでから知ったけれど、たまたま最近距離1の身内で見事にこれしてる感じの人がいて…。○藤、生きてりゃいいけど。

自分が健全ではないが健康であることに中々の自負を持っていたが、最近身体的な健康性も見事に加齢に負けて怪しいし、精神的な方も単に負荷から上手い具合に逃げおおせていただけで、負荷に強い訳ではなかったのだなあと感じてアレ。具体的に、一ヶ月ぐらい前だけど職場の飲み会の幹事任されて取った店が、上司からちゃんとその店取った?って聞かれてYesって回答した後に予約忘れてたことに気付いて急いで確認したらその日もう埋まってて、というまーしょうもない自分のミス、しかも嘘までついてしまった、っていうシチュエーションに嵌まってからまあしばらくわっかりやすくメンタル不調して…その後かくかくしかじか説明して別の店になりましたって謝罪したら脅えてた俺とは浦原に強くしかられることもなく気をつけろよー(笑)で解決したんだけど、その程度のことにすら周りの目が気になって気になって参ってたあたりでまー自分の弱さ確信したよね、というのと万が一酷く赦されなかったらどうしよう、という人間不信めいたもの。職場、別に空気悪くないし、SIだからリア充しかいないから俺が馴染まないだけで悪い人がいるわけでもないのにこの脅えようだからな、兎角自分は自分以外の人間なら許容されるであろうミスでも許容されないに違いなく失敗無く目立たず生きないとダメなんだと思ってる部分がある、なんだろうねこれ 99%安心しててもこの1%が常にちらつくところが。こうやってアウトプットすることで余計に自分の思考を縛ってるかな、別に本気の病巣じゃなくてカジュアル失敗恐怖症だよねなんて誰でも持ってる者でしょう。

まあだからつまり、どの統計取っても未婚率どころか恋人いない率も上がる一方だよねって報道があるにせよ、普通を満たせていないという弱みがある以上(自分は責めないけれど(本当に?))そのことを点かれたら反論出来ないから、論拠となることはわかりやすくツイートにのこさず、発言しないという形でやっていくよね、例えばまだ!まだね20代だからあれやこれや出来てなくてもゆーて若いしで健全でなくても許容の範疇っすよってへらへらできるけどね、あとなんぼか年取ってくと直接恋人いないってツイートをしてなくても、あの人いつも自分で洗濯してる、食器洗ってる、自炊してる…とかのツイートから類推してじゃあそうなんだね、って想像出来るよなあって思うと、

いや本当は今嬉々としてしてる、洗濯日和で嬉しい的なツイートもしづらい年齢がその内来るなあって思ったことに理屈付けて書きたかっただけなんです最初はそう思っただけなんですこの長文。

愚痴、読まされる方もつまらないからあまりしないという態度を思う一方で、ネットでめんどくさい女釣ってる人って大抵弱音を吐くことでフックにして繋げてるよな、とか考えたりもするが、そもそも前者の態度も嘘で単にみすぼらしいプライドが高いだけの一番残念なタイプな人間なだけでしょ?とも思う、匿名掲示板的な書き損じ部分を誤解釈してツッコミ入れられるのが嫌で長々と書くタイプなので、来そうなことにたいする言い訳は自分で最初からエクスキューズ置きたがるので、となると自分語りしたがる以上現実で成功してない訳だから、何を書いても自罰的な言い訳も並べないと気が済まないの滅入って良くないのでは?って書くことすらとても度胸がいる…作品に好きを表明するときにツッコミを恐れない、は中々実践が進んでいるけれど、それを自分にもスライドさせるのはまだ意識が硬すぎる…この最後の段まできてようやく思い当たったぐらい当然のこととして染みついてる、でも意識的に考えられただけでも進歩だなとは思う。