読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161107

なんか大分早かったから意外と内閣総辞職ビーム撃たれても都心いなくてたまたま生き延びれられそうだと思いました。でも本社壊されて職失う感じ。

 

いつも思うんだけど2時間のコンテンツを摂取したアウトプットに2時間以上掛けるのどうなん?って。ネトゲの嫁はスペシャルだから昨日のはそれでもいいんだけど。

ただエゴサ引っ掛かるようにワードちりばめとこうとかするならファンレターファンリプライファンラジオ投稿送れって話だな?と寝ながら考えた。あと急に全リプをしだしたので。してるの見た効果とか。考えたら体裁整えるのめんでえなではあるのだけれど、最近はEvernoteでなく一応パブリックの日記に書くこと選んでる時点である程度整形済んでるんだし、そっからならすぐ整うじゃん。多分。なのでラジオにメール送りましたよ読まれるかな~。

アウトプットするだけで意味があるんならね、もっと有意味にしてくと趣味として効用高まるよね。あまり人に読まれない文章なら結構脳直で書いても恥ずかしげなく投稿出来るようになったのだけど。昨日のとか、アレ家出る前に下書きして適当に続き書き足そうと思ってたからあの短さなんだけど、継続数字伸ばすことが大事。との判断。まだ片手分は日付に左右されないカテゴリ日記の下書きストックあるから、これらが尽きるまでは継続期間延ばそうと思った。

が、人に読まれない文章なら、の留保がね…。半分ぐらい書き終えて、あっこのエントリ膨らみすぎるし、ツイート連携させるか~って思い立ってから倍は筆が重くなってさあ…。どうせ連携さしたってさしてアクセス数増えないし、況んや増えたところで誰に添削されるわけでもないのに、140文字以上を見られる形で書いてるんだって思うと書き出す前に脳内推敲し始めるこの…。この悪癖直すの訓練だったはずじゃん、って思い出した。から、次はツイった投げるつもりでももっとペースアップして書けるように鼓舞する。7時間以上寝たいし。

マジメに仕事柄、脳内推敲の前に手を動かせ書き上げろ半端な質より量が正義、で出したモノはいくらでもテスト出来るしさせられるし致命的な問題があれば目の前のマシンが教えてくれるでしょ、だからとにかく形にしろ、なんで、ダメな物が出てくるのは前提であって失敗しても取り返しが付くから、やり直すのが前提でスケジュール引かれてるわけで。だからこの存在しない人の目気にして手が止まるの、文章に限らずあらゆるところで発動してるのをなんとかするのは本当に生産性直結なんだよね、という理由はちゃんと用意したのでもうしばらくブログ続けると思う。小学校の読書感想文から続く呪いを解呪ですよ。アコにヒールされてえ。