広告

2016年とか2017年とか

毎日エントリ重い&飽きたので年越しを機に辞めました。110日ぐらい連続で続いたのかな、1クール以上ですよ1クール充分頑張った趣味だわ。

…を元旦に書くつもりだったんですけど酒飲んで寝落ちしたので連続日数の投稿後スクショ撮れず無念。そのまま放置してました。マスター業忙しくて。。。

 

年末年始の連休、誇張なく寝るのとFate/Grand Orderネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?にだけ費やした。コミケ並んだの矢野茜のだけだし、今のところメロンでもワダアルコの本しか受け取ってないし、家にいる時間マジで酒飲むか酔いつぶれて寝るか単に昼寝するかFGOかあとまあ大掃除しかしてねえ。んで年始は朝と夜で2回ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?のAbemaTVの一挙放送見ながらFGOしてただけだし、今年も変わらない年になってしまいそうな出だしですね。

2016年なんだろうな、1~3月は記憶にないマジで。4月に異動して職場変わったせいもだいぶんあると思うけど、まあビジネスはそんなもんだが、プライベートの方がマジ4月にネトゲ嫁アニメ見てから残り9ヶ月大分それに使ったようなそうでもないような感じが。何年もモバマスと艦これにしか使ってなかったグッズ費内訳がアコで塗り変わったしアイコン替えたし、本当にあの世界観と玉置亜子のかわいさが刺さった、完全に俺に刺さる形をしていた。

まあ年末の印象のが直近だから強いだけですね実際振り返ると、多分エントリ振り返ると色々厳密にわかるんだろうが、まあ夏はダンガンロンパ3あったからロンパと罪木蜜柑にかなり振れてたし色々コンシューマゲームもやったはずだし。

そうP5。最近スレ見てないし3ヶ月起動してないからすっかり忘れてるわ。で映画豊作すぎわろたとアニメ豊作すぎわろたも経てポケモンしてあーポケモン(あとアクジキングだけなのにずっと積んでる…)。

明確に中だるみにターニングポイントがあって、10月に新刊出てサイン会に備えて読んでからあーあーあーって新燃料で盛り返してきて、そのあと11月の円盤イベントでまたあー玉置亜子好きすぎるモードなって、それが絶やすことなく継続してる今。やっぱタペストリーとか抱き枕とかに囲まれて毎日顔見るって大事だわ。声優推しのリアルイベントとか声オタだけだろって思ってたけど全然そんなことねーわリアルイベント超楽しいわ…。

 

FateはSNだと桜が好きでEXTRAが月の雰囲気も好きだし赤王好き!ってのが何年前だ、まあそんな感じになったからUBWも楽しめたんだが、でFGOはリリース日にもちろんインストールしたんだけどあんまりにクソゲーすぎて放棄したから厳密には新規プレイヤーじゃないんだよな機種変で垢変わってるが、そのあと立ってるスレ未プレイなのに読んで話題追っかけてたからね、界隈のミームの意味に概ね困らない程度の新規だった。

でそう、ドレイクこそ出てこなかったけどEXTELLAおもすれーでFate熱再燃してFGOとリンクしてる感じなのと全然関係なくてもFGOの話題知ってる前提でスレ進むのとであーてなってたところ、7章実装!終章は期間限定レイド!で俺のミーハーな部分に完全に火が付いてFGO再開して今に至ると。年始だけで何時間半額種火籠もったんだろう…。ソシャゲの根本的な超単純に数字増える楽しさに本当に弱くて嬉しい!ってなれちゃう人だから俺。

FGO再開して思ったのは観測範囲的に何やっても常にガチ勢がちらつくせいで、ガチじゃないならやるべきじゃなくない、みたいな無意識が多分に働いてる気がするが、まあエンジョイ勢でも楽しめるんだからそれこそ本当にスキマ時間にやってればよかったねってこと。音ゲー系と違って本当に場所を問わず些細なスキマで、まあアプリ重すぎて多少時間幅は取るけど、縫ってプレイ出来るんだなーって今更思ったので。

モバマスの時からソシャゲはPCでするものなのでアプリゲー好きくなかった認識がすっかりなくなったなあ。次、次ってなんだって状態ですが、次の流行りソシャゲやるときは本当ガチプレイする気いっさいなくてもこうやってちょっとずつ蓄積出来るのが本来のソシャゲの流行った要因とされているものなんだから、視界のガチ勢は適当にいなしつつ責任感背負わず気楽にエンジョイしていきたいなーって年始の誓い。

年末の締めは何だろ、去年の無駄な量のなかだとこれが俺っぽさ詰まってて気に入ってるエントリ、去年はこんな感じの1年だった。一昨年は声優だっけ、去年加隈さんのイベ1個も行ってない気がするし真礼のライブ行ったぐらいで全然声優活動してねえな。あーナナシスがあったか。かくましで認識してなかったあのコンテンツ…。

はてなブログが仕様変更して90日更新されてないブログに対して広告増やすフツーのレンタル無料ブログ感出してきたので、それに引っ掛からないペースで最低やってきたいなーというところ。