広告

2017年3月8日

23区内なのに郊外みたいな風景してるとこあるのか。と思った。結構都心寄りのとこだと思ったのに。今日行ったとこ。

どの辺が郊外っぽいかというと大通りが一本通ってて両脇にロードサイドな建物丸々一つ使ってるファミレスあったり。ビルの高さが低くて空広かったり。あっなんか都会っぽさがない!って雰囲気だった。都会のファミレスってほら、雑居ビルの一角に入渠してせいぜいワンフロア使ってるだけないめ~じが。でも考えたらビル間の密度近かったし完全な地方の風景でもなかったなアレは…。

区民までステップアップしたが、マンションの10階ぐらいに住んでベランダからビル群眺める生活にはまだなれていない。憧れ。虫来なさそうだし。というかこの辺全然建物の高さ低くて拍子抜けである。

両サイドともみちみちと雑居ビルに埋められていて、昼間なのに影しか差さない道路を歩くのが23区民のイメージだったんですけど。イメージというか具体的な原体験なんですけど。

帰り。地図上で見ると駅から遠くどうしてそんな所に建てたのだという地元の新規開店のラーメン屋に行った。俺が知らないだけで小さな商店街の一部でしたのでなるほどです。味は悪くないけど好みじゃなかったな。こんなんばっか。濃くないと受け付けられない味覚だから。バカ舌。

全然大通りから外れていても、にしたってそこら中が住居で占められているわけで、その購買力当てにするだけで、中通りの左右並びで商店街が成立するんだなって。田舎者だからわかんないかったですわ。こことそこが別の商店街名乗ってるの…?この距離でなんで…?違う道路だからってだけで…?とかね。とりあえず行ったことないから、って言ってたら同じ店に二度と行けなくなっちゃう。最高ですね…。離れたくないよぉ。