広告

美しいものを見た

FGOメインシナリオ終わりました。終章ヤバかったね~ジャンヌが例のセリフ読み上げたあたりでBGMも相まって通勤中に泣いてしまった。

ざっくり感想

序章:AZOやりたくてあと2回目だったのもあってざっくり終わらせたから覚えてない。フレ申請する膂力なくて偉い苦労したことしか。まあアニメ面白かったから…。

一章:モーツァルトみたいな安易な下ネタキャラ付け好きじゃなくてあんま覚えてない

二章:生前のせいか弱気モードだったとはいえずっとネロと一緒で戦闘にも使えるしで満足感。特に最後がね…ここでアルテラか!!って。EXTELLAの後にやったから。言ってることの意味が全てわかるしネロメインの章のボスとしてもう…感極まってた。組み合わせだけでもうずるい。今年はクラス:ライダーで水着赤王出ますよね…?という期待で貯石したい。思うだけ。

三章:ドレイクパートナーで王道冒険物って骨組みは最高。イアソンを異常にsageる細部が何か…不愉快で…ああいう話の構成は好きじゃないなあ。ドレイク好きだからマシュが後々に何度もここの話思い出すの好き。

四章:霧のロンドン大英帝国って舞台設定かなり好きです。雰囲気好きーキャラも割との勢いでなんかいい感じだった印象。ゴールデンと駄狐とランサーオルタだの何しに来たかよくわからんが…テスラが最高なので些細なことでしょう。ホント高笑いの天才の星の開拓者って素敵すぎる。

五章:何故嫁王が…?バレンタイン前後だったのかな。終章でも出てこんし。エジソンサイドがすごくいい感じなだけにケルトビッチメイヴちゃんのビッチ感のなさがなんかアレだった。幕間でようやく腑に落ちたけど遅いよ!

六章:ひたすらしんどかった…。粛清騎士お前らさあクラス統一しろやせめて!正直いって菌糸類のメタ辞さないギャグノリがメインシナリオにも食い込んでくるの道中しんどすぎる。ああいう子供キャラ出張ってこられるの不快だし。あとやたら時系列具体的に提示されたけど、提示された時間感覚がどうにも読んでてイメージする物語とズレてて逆に没入感削がれてつらい。真剣に。でも円卓組とかロンゴミニアドなんか設定読むだけで激アツだし六章zeroとかあんな短文で最高すぎるし終盤の盛り上がりはヤバいしダヴィンチちゃん激ほしくなるのに何故か限定だしやっぱすげえよきのこは。

七章:大体六章と同じ。ていうかラフムの人の悪意真似する~みたいなキャラ付け飽きた。あーはいはいまたそういうのみたいな感じがが。とはいえ語られるグランドだのビーストだの本当設定読み聞かせされるだけで設定シコだし?賢王は格好良すぎるし。なんだかんだ終盤は激アツだしうわ~ってなるなった。

終章:というわけで変にコメディ混ぜずに適度に重さのないシリアスやってる時のきのこはそりゃ最高ですわな。サーヴァント大集合!ってここまで延々遊んできたおかげで感じられるボーナスもフルに費やしてもうそりゃ楽しくないわけがない。ロマンロスううう…。ゲーティアのボス観も良かったし。

新宿:めちゃくちゃ面白かったです。話良し、設定良し、キャラ良し、戦闘も少なめながら難易度も適度でバランスも良し。ちゃんと撒いた伏線は拾ってと起承転結もバッチリしてて。オルタコンビ最高なんだが。長さも充実感ありつつ休日一日でしっかり終わるバランス良しと。ギャグの入れ方も鼻につかずちょうどよさみで。これでああー終わった…ってなった時にアラフィフガチャにいないの詐欺なんですけど!恒常増やせや!なんかこれまでの章も去り際にこんなにガチャで会おう!商法酷かったっけってなった。プレイの間相当開いてるから忘れてるだけかも。1.5章の最初がこれでハードルガン上げて大丈夫か。

なんか書き出すとシナリオに付いてすら文句多めになるんだけど、まあこれと何より出来の良いキャラ群を素材に適当にくっちゃべって流行ってるから流行るレベルの流行り物に乗っかる体験は楽しすぎるので総合して4ヶ月全部使った甲斐はある楽しいゲームでした。ったってかまだ続けるけどね、元からFate好きだったし切っ掛けさえあればずっぽりこんなもんよ。

とりあえずアレだな~2章はエクステラに近い6章7章じゃなくてEXTRAまでシリアスライン、というかギャグ抜きラインか、上げてほしいけど無理かな~。イベントシナリオでぶっ込んでくるのはいくらでも構わんが本筋っていう意識があるところでの意識のズレを周りと感じて悲しい。それ褒めるとこじゃないじゃんってレスポンチしちゃう。