読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指紋認証ロックにしてC Lockerアンインストールしたら大正解だった話

Widget LockerがKitKatで止まってたからLollipopからC Locker使ってたんですけど、ロック解除スライドだけでアプリ停止してパスワード認証されずに開くことが増えて。これ意味ねーな!のでデフォルトのロックに戻しました。

で、せっかくだから指紋認証を初めて試してみたら大正解。物理ボタンに載せっぱなしで解除されるの楽でいい…。パターン入力はおろか入力呼び出しの初手横スライドすら抜きで解除されるんですよ!もう戻れないっす。

何でWidget LockerやC Locker使ってたかっていうと、どうせ使うアプリ決まってるんだから、起動アプリ選びを初手横スライド代わりに出来れば一手減って快適じゃん、というところで。ロック画面にウィジェット置きたいわけではないので、デフォルトがよりスマートにロック解除出来るなら使い続ける理由ないんですね。

副次的にGoogle Keepの通知がZ1fの時と同じ挙動に戻って嬉しい。というより別にAndroid 5.0の大変革で挙動変わったわけでなく、初日から探して入れてたC Lockerが悪さしてただけですね…。同じアプリから複数通知が溜まってると内一つ消すだけで残り全部一緒に消えちゃってて、リマインダに使ってると終わってない要件までケータイから消えちゃって不便でしたが。アンインストール後からまた一個一個消せるように戻って快適。

あと全面持ってくアプリ起動したまま画面オフると、再点灯後に画面端がタップ出来なくなるバグも直った。主にゲームとか一々ホーム戻してからロックしないとメニューボタンやらタップ出来なくて困ってたの…。

これXperia Z5固有の挙動かと思ってたけど全然そんなことなかったようで。ワンチャンマイク周りのバグもC Locker由来で直ったりしないかな~。唐突にマイク不能になるバグと、ACRと伝言メモがバッティングして録音出来ないバグ。後者は仕様感あるけども。。。Z1fの時に使ってた通話録音アプリrooted限定なのよね、そん時は問題なかったのですが。