広告

jewelriesに主に選曲面でいい思い出がない上で、HOT LIMITは大人の事情が透けるからいいとして、あとゆずとももクロでしょ、なんとも言い難いなまだ
とはいえ、指と弐寺(not ポップン)遊んでた頃からもっと版権曲いっぱい遊びてえなは一貫してるので、jewelriesがありながらも版権料とかで無理なんでしょって自然と諦めてましたが、王者が動くほどムーブメント来て俺の嗜好に合致する時代なってるの嬉しい、生きやすい…流行り物のシナリオもそう思うし
潰しに行ったなんて捉え方しないっすよちょっとパブサしたんだけど、まあ彼女ら地上のメジャーなんでアレだけど、アイドルってカバー曲歌いまくるもんでしょう、とも思うし、素直にポジ要素い

あんな前のインタビューでも言ってたことの繰り返しに発火するより、ストーリーで明日女性エリアないから気を付けてねって投げた2,3時間後にトップダウンで現場の判断により女性エリア作りましたって反応返ってくる方がよっぽど面白ネタだと思うんですけど今日の んでストーリー消えてるのストーリーの意図された通りの使われ方って感じ!いい意味でね。足まわりが軽い文化ですよって規定された通りに回ってる感
女は同姓の絵にもガチャ回してくれるが、男は同姓の絵にガチャ回してくれないってのも言ってたけど、FGOグラブル見てるとそうか…?と思いつつも、RPGと(推定)音ゲーじゃ事情が違うよね、バトルでヒーローの格好良さとバンドの格好良さじゃ後者は楽しむとこまででガチャ回してるとこは想像できんよな

スニーカーエイジ一般観覧してきた


高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト「スニーカーエイジ」に「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」の協賛が決定! | BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト
これね。俺たちの課金で中高生のキラキラドキドキが彩られてた。

"バンド"じゃなく"部活"単位のコンテストってのを強調してて、どこもキーボード2人いたりだとか、コーラス担当何人もいたりしたの特色だと思ったです。
工学院のホールでやっててさライトアップがしっかり派手だったんだよね、ステージもライブハウスより圧倒的に広くて各校の応援で埋まっててリアクション返してくれてさ、アレは高校の学祭じゃ味わえない体験になるんじゃないかなーって思った。満員の人の前に出て視線浴びるの、緊張こそあれ楽しいですよね。

中高生のキラキラドキドキ、定型文じゃなくてマジでMCでキラキラドキドキ眩しい青春トーク溢れててさあ、まーかしこまって好感度高い喋り方できてるしさあ、都会でグランプリ勝ち抜いてくる子らは違うな…と自分の田舎の学生時代思い出すなどしていた、まあそれはともかく、
本当に当てられたよすげーもん見たわって感じがすごい、これがリアルなパワーかー、いや正直そんな遠くないならピックもらいに行こってノリだったんですけど、行って良かったなーって思います。

あと地下4階に大きめのホールあるのワクワクするんですけど秘密基地ロマンだよこんなの!

Apple Music (Android版) しばらく使ってみた

結論

母艦のiTunes ライブラリをAndroid端末で使いたい、サブスクも一貫できると尚良し、という希望が充分満たされて便利でした。
無料期間終わっても課金して使い続けると思います。

良かった

  • iTunes (Windows版)のライブラリと殆ど完璧に同期できる。
    再生回数の増加もプレイリスト内の並び順も同期するし、スマートプレイリストが機能する
    ここGoogle Play Musicじゃダメなところ。アレもiTunesと自動同期できますけど。
    ただスマートプレイリスト内の並び順がPCで指定したとおりになったりならなかったりする…原因わかんないです。
  • 同期が楽。勝手に自動でオンライン経由で同期してくれる。
    わざわざiTunesのライブラリに足した曲を、何らかの手間足してAndroid端末に移せばサブスク曲と同列に扱えますよ、って言われても不便すぎて…。
    あと端末ストレージ容量の方が通信量より価値高いので常時使うわけじゃない音楽にストレージ割きたくないんです。ストリーミングさいこー。
    通信量は何にでも用途あってどうせ毎月払って毎月回復するんだから。代替手段ないゲームのデータにストレージ渡す方が大事。
    まあだから最初のiCloud ミュージックライブラリへのアップロードに偉い時間掛かるのは仕方ないのよね原理的に。
  • Apple Musicでアーティストページ開いてトップソング見ると全曲載ってる。
    Spotifyだと上位10曲ぐらいしか見れなくて、しかも曲個別に見れなくてだらっと探すのに不便だったんですよね。何もかもアルバム単位で。
  • Apple Musicはジャンルにアニメが独立して存在してる。これも対Spotify比で。
  • アプリの動作がサクサク、快適、大体直感に反しなくて使いやすい。
  • ダウンロード済みの曲を一覧表示できて、さらにアーティスト/アルバム階層で一括削除できる。細かくメンテするなら便利かと。

重箱の隅

  • 起動後の初期表示がApple Musicのトップページ固定。自分のライブラリを初期表示に出来ない。理屈はわかりますけど…。
    あと再生中にバックグラウンドに置いてまた開いた時に、元々の曲とかでなくApple Musicのトップページになりがち。これはそっからバックキーで元のプレイリストとかに戻れます。
  • 未DL済み曲の再生開始がSpotifyよりワンテンポ遅いと思う。実用上困る差ではないですけど。
  • Apple Music開いてるときのミニプレイヤーは下部に表示されるんですけど、これがデカいのかプレイリストスクロールしてるつもりでミニプレイヤーが反応して遮られることがままある。
  • 日本語訳がなんか独特だよね…。Apple全体そうだけど。「Apple Musicのトップページ」が「見つける」ってタブ名なんだけどこれ見て理解不可能じゃない?
    英語版で英単語がこう使われてるならそんなことはないんだろうけど…と随所に感じます。使ってりゃ覚えるんですが。
  • ライブラリの曲を再生中にアーティスト名をタップするとApple Musicの該当アーティストページに飛ぶ。
    個人的には便利だと思いますが、自分のライブラリの同名アーティスト検索結果を表示すべきな気もしますが、これiTunesアプリじゃなくApple Musicアプリだから、まあ。
  • 元音源のビットレートに関わらずAAC 256kbpsになる(はず)。でもiTunesに拘る時点でどうせlossyなんだからどうでもいいですね。

良くなかった

  • 共有プレイリストのフォロワー数がわからない。
    なんかのIP系のアーティスト名バラバラで自分が知らないものを一括で探す時って、他人のプレイリストに頼るしかないと思うんですが、メンテされて全曲入ってるのかどうか判断できなくて…。
    公式が曲卸すだけでなく全曲プレイリスト作るとこまで面倒みてくれる文化にならないかなー。
  • リピート設定が記憶されない。しかもアルバム/プレイリスト単位だからそれ跨ぐとまた設定しないといけない。実質1曲リピート使う時でもないと機能しないですね。

アニメでキラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~を聞いて一発でめちゃくちゃ好きになったのもハマった切っ掛けだったんですけど、
SpotifyがしっくりこなくてApple Music試してみてるんですけど、ライブラリでiCloud ミュージックライブラリとの重複エラー起こしててしばらく悩んでたんですけど、原因が本当にライブラリ内で重複してるからだっていうシンプルなオチで空回った。

ポピパの曲全部エンコしたときにライブラリへの追加日時を揃えたいと思って新規のキラ夢をバンドリ専用フォルダに入れて既存のキラ夢ファイル消さないしライブラリからも消さないで放置してたらこんなことになるとは…。

再生回数とか全部新しい方に付けてるのに重複エラー起こしてるのも新しい方で困ったな、しかもエラー起こしてる曲があるプレイリストはアップロードされないんすよね。
色々環境整ったからメイン端末で音楽再生含めて全部こなしたい、既存ライブラリ生かしたままで、ってことでApple Music試してみてるんだが…。

あとマッチング判定もらえば一回金払った曲に対して再生数分追加で還元されて買い切りじゃなくなるのが俺にとって大事なポイントなんでどうせ払うサブスクの出費額の範囲なんだし、なぜかマッチングじゃなくアップロード扱いになってる他の音源もちゃんと判定頼みますよiTunesさん、Windowsにやる気ないのはわかるけど金取ってサービスしてて世界中にユーザー抱えてるんだから頼むぜ~。

キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜

キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜

  • Poppin'Party
  • アニメ
  • ¥250