広告

映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-が最高だった話

いやいやホント超マジ面白かったからみんな見て!!、一期と出来れば二期見たことあってキャラわかってれば大丈夫だからさ、
六花ちゃんのアクの強さあるから、たまこラみたく万人にオススメです!とまではいえんけど、あーなんか昔ちょっと面白かったよねーぐらいの好きさでいいから。
という書き出しのにこっから下にはネタバレ気にせず書きます



中二病でも恋がしたい!のタイトル回収ENDが最高!!!
Sparkling Daydreamの使いどころ最高…。

六花ちゃんの恋の悩みがさー!そうだよね、出会ってからずっと中二病だったのが変わったら嫌われるんじゃないかって、いくら口では言ってても内心どう思われるかわかんないって悩むのそうだよね…、
過去2クール分乗り越えてきたどう見たっていちゃラブのカップルにどう問題放り込むか?でこれになって高三で進路で未来の話で…って時に絶対ネガティブになる中二病のことを絡めつつ、
無責任にいいよねするんじゃなくていつまでもじゃ現実的に厳しいよね、って視点を入れるけどさ、でも大人になるから、社会の目が、じゃなくて恋の話に持ってきてくれるのが良いんですよ…。

いつか卒業の時が来たとしても、それを圧に負けたからじゃなくて、変わってもこの恋は変わらないよって形で現実と折り合い付けつつ肯定的にしてくれて、
もうそれ以上言わなくてもわかるだろうに六花へのブーケトスでさらに形にしてくれて、しかもそれが新居の鍵で…ってさらに新しい未来に繋がる仕込みまでされてて…あそこ超好き、
そうはいってもその瞬間を作中で見たいかっていうとやっぱり見たくないよなという気持ちあるからそこまでいかずに終わったのは嬉しくて、でも無責任じゃない肯定的な余韻だったのがもー最高。

シナリオのバランス感覚がすごく良かった。
十花さんがいつも通りの横暴さしながら薬指アピールで裏にもっと理由あるなって早めに提示してくれるし
初手ラブホネタやりつつ泊まらせないで夜行バス普通のホテル寝台列車と気にならせないルート選んでくれるし
凸森パートいっぱいやるけど友情の範囲の百合に収めてくれるし
当時のバランス感覚だったらそこやりすぎてギャグで飲み込めない…ってなりそうなとこ全部きちんとしててこれだよこれって。


ラブホ妄想シーンが全部過去の版権絵踏まえてるファンサービスでいいよね…バニー六花ちゃんフィギュア今でもずーっと飾ってますよ、超カワ。
パンフ読んだらまだ続編やる気はあるらしくてビックリした、でもやるなら過去に遡るしかないよねとも言っててやっぱりそうだよねと。
製作に山田尚子が上の方で並んでて役員もやってるんだっけ?とか。
画面の雰囲気が5年前と変わってなくてすんなり馴染めたりあと今見ても見劣りしないってすげえなって思ったり。今なら頭のグラデーションがもっと硬さ控えめになるのかしら、とか思うぐらいで。
あでも回想シーンだと目大きいなって思ったし、思い出じゃなくてちゃんと比べたら結構違いあるのかな。

2回目したのと舞台挨拶LV見たのとで追記

勇太、指輪サイズちゃんと合ってるかな…って心配できててどこまでイケメン度上げるんだ。
マニ車ってまにぐるま~なんだ、しゃだと。ここで↻☜(❑‸◕↻☜)↻☜(❑‸◕↻☜)してたの好き。

萌えアニメ然としたキャラデザ顔の下に頭身高いボディ付いてて、全身使ってわちゃめちゃにコミカルな動きしてくれるのって映像として本当幸せになるじゃないですか?
しかもみんなむっちりしてるし。六花ちゃん150cm/47kgとかくみん先輩に至っては155cm/54kgですよ、アニメキャラとは思えない、で絵的にも出てていいよね…。
でもアップのシーンだとアニメ顔だから普通のアニメぐらいの頭身に感じる、不思議。
みんなキメキメのすごいファッションしてるけど背景もモブもしっかり現代で描かれてるのいいよな…って思った。
すみぺがそんなキメキメのファッションを舞台挨拶のリアルでやっててさあ、コルセット締めて乳アピールするドレス着てる…ってなったり。

監督が絵コンテ描くときにキャラが生きてるから勝手に進んでくれるって言ってて、例として北海道着いてから六花が頬ぽんぽんする所は何でそうなったのか自分でもわからなくて、だから勇太にそのまま突っ込ませたって言ってて、そこでツッコミ入るの不思議に思ってたのが氷解したり。