広告

五条先生の「主語がデカい」を構文として捉えて反応してるツイのオタク、俺と俺のフォロイーと俺のフォロイーのフォロイーしかパブサに引っ掛かんなくてつまりTLで見る顔しかいないんですけど ですけど??
いやこの言い回しのインターネット臭凄まじいでしょ 逆に普段主語がデカいを使ってるヒとかhtnとかの連中は脱臭済みワードだと思って使ってるんですか?
それともあんだけアンテナが命な的な態度取ってるツイ論客の人達ってまさかジャンプ本誌も読まずに最近のジャンプはーとか言及してませんよね まさかハンタ出たときにしか買わないのにワンピはアラバスタまでなんて言ってる人はいないと思いますが…
オタクエンタメ最先端の一つとして外せないでしょうジャンプ本誌は

主語がデカいって雰囲気で押し通してるけど割と意味不明ワードじゃないですか 大体それぐらい文脈でわかれわかってくれとしか返せないような隅つつき曲解に多用されてるじゃん
五条先生は「最近の若者は老人を敬う気持ちがない」への「老人は主語がデカくて困る」だから=老人じゃなく目の前のお前を嫌いなだけだぞ って煽りあいで意味取れるけど一読して引っ掛からない?俺は引っ掛かった
なんか呪術に対してやたらオタオタ言われてるの観測するが、少年誌的でオタク作品じゃないでしょ(ハンタを熱心に研究してる感が見てとれるのがオタクっぽいっていうのはわかる)の態度してきたけどこのフレーズはさすがに
だからといってネガティブな評価に繋がる箇所じゃないけどね ちゃんと煽りとして意味通るように使われてるから

あとこっちにフォーカスしすぎて公式五条の女で吹いたの記憶から消えてた