広告

スタァライトの舞台見てきました

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transitionの10/14のマチネ行きました。

#スタァライト感想

凄かった!!!
1部のミュージカルパート終わったところで休憩入るんだけど、そこまでが1時間15分しかなかったって全然信じられない密度、ずっと舞台が動き続けてて、、ライトとスクリーンもふんだんに使った殺陣演出よかったね、エンタメの圧に圧倒されてました。
アクション派手でさー見応えあったよね、あんな狭い舞台の上で9+4+α人同時にわちゃめちゃよく動き回れるもんだよ、シンプルに見て楽しい。
彩沙と双葉はんの長物対決が特に好き、柄を地面に突いて刃受け止めるのってロマンだよね。
アタシ再生産されるとこが一番鳥肌立ったな、いつものアニメ映像挟まっていつもCMで見てたBGMと名乗り上げ来るの最高に盛り上がった。
CM物量の強さすげえ効果的だって思ったよあそこ。#1見てないのに完全に刷り込まれてて超興奮ですよあんなん。
ここの他に自己紹介曲パートでも全キャラ二次絵使われてて、そういうカットちゃんと用意されてるのいいよね、好き。
2部のライブパートもダンスのパワフルさと繋ぎで間髪入れない密度そのまま引き継がれててさ、楽しかった!
ライブでリウム振っていいのに全員座ったままってのも新鮮。すごく見やすくて良かったですよ劇場。

全員アニメと同じ声で喋るからすごいよね。
ばななちゃん役の小泉萌香が一番印象に残ったな、キャラの作中でも言及された映えるスタイルの良さそのまんまの本人で。背高くて足細くてスラッとしてて見惚れる。。。

舞台、とにかく解像度が生でヤバい。
席が前のめりに近いのとか、客みんな座ってるし映画みたいな傾斜付いてなくて背もたれも低くってさ、舞台上と遮るもの全然なくて、目線の高さも近くて、もちろんそんなことないのはわかってるけどマジで役者と視線合ってるんじゃないかって錯覚でどんな顔してどこ向けばいいのかわかんなくなってた。
床を踏む音なんかわかりやすくそうだよね、舞台上で上がった生の音が直に伝わってくる解像感、他にはないっすわ。
2.5次元舞台ハマるのわかるなあこれ。