広告

ノンジャンル(半年スコープ)

原宿行ってヨーロッパのソバの焼いた料理のやつ、念願に食べれてもなんか味あんまりでかなり落ち込んだやつ
身動き取れないほど歩道混んでて少ハリはこんな中でパフォーマンスしたのか…!?→後日平日に行ったら超混んでるね、程度に収まってたので土日はやばいな
多分JCだと思うんだがスタァライトのキャラの方のグッズをスクールバッグに付けてる子がいてまぁぁぁぁじで??ってなった WEGO行く方向一緒だったからバンドリコラボも買ったんだろうか…

D4DJスタァライトの方まで手を伸ばした身内人事なのドミナント戦略感くすっとなっちゃう あれそのまんまCVに当たると思わんかったわ… もえぴと岩田陽葵を俺が無理なく見れる機会増えるのは嬉しさ まあ1stライブ行けないんだけど
D4DJのヒのフォロワーの底取ったんですよ底、DJライブでアカウントID出た後会場出てから打ち込んだらフォロワー0人で、あんだけ会場に人いても直打ちするタイプ少ねーんだと

色々ね~新しいソシャゲに手を出したり出すつもりでいたりしたんだが、ポケモンマスターズ発表されちゃってからもう手に付かなくて諦めた、将来的に絶対そっちにリソース吸われる予定じゃんと思うと…リリースまだー?もどかしい
ポケモンGOを大人が続く理由にそれを主目的として付随したあらゆるリアル旅行が云々とかなんとかあったじゃん、俺にとってバンドリがそうなってて、とりあえずリアルイベント組まれたら出来る範囲でよっしゃどこでも行ったろと、南はみなとみらい、東はメッセ、北はメラド、西はついに神戸になったり、切っ掛けがあればなー○○するんだけどの切っ掛けがどんどん生まれてる、
痛バ作んないけどちまちま増えてくグッズ家中に撒いてくの楽しく感じられるようになるとさメイト招致すれば地域の若者が喜ぶはずだったのに市長権限で拒絶されて許せないって怪文書の気持ちに同感できるようになるんだよな、
自分が学生の頃はグッズ要らんしネット通販でええやろメイトあるから何?だったのに、今の方がわかる、メイト行くと知らんグッズ山ほど増えてて、ゲーム絵じゃないにせよ描き下ろしそれなりにあって、でもついった公式で告知アンテナ張りきれなくてえーマジ店頭行くしかないじゃんとかなる気持ち。。。
オフィスのデスクに種火腕とQP扉のアクスタ立てたいのホントそれな あれ置きたいよな…カタくないデスク作れる職場に行きたい…

男性向ファンサ求めてねえんだよな…まあ大好き♡というセリフを観客向けに声優に言わせるでそう決めつけるのもどうかとは思うが…ラブライブはキャラ単のかわいさでバンドリは関係性のかわいさって論そのまんまなんだよな…これの論拠知らんけど
そういうのいいからこないだのラジオで話してたみたいに,普通のことだと思ってたけど男性から見るとこれって百合?な営業をばらまいてほし

蘭子のSR、投資の握力っていうか純然たるコレクションなんだけど 最初の実装された一番流通してる時期に普通にフリトレか自引きで抑えてきたのをそのまま全部所持し続けてるだけだから
正しい意味で資産やな…とフリトレ見て 強SR20人になるよう整理してる時絶対手放さないけどちらっと見てえっこのカードでそんな値段がしたり
古い文香が文香Pにもらわれてって正しい市場の参加者をした気持ちで誇らしいよ マイSRで需要無くなってるかと思った

ペットの良さ、そそいだ愛情が返ってくるとか、家に帰る意味になるとか、それを実感持って感じられたのがたまたまけの声優のインタビュー呼んだときの何だが、飼ったことないので、そらそうやって愛玩してたらそら結婚が遠ざかるってよく言われるわけだとか、やっぱAIBOだな なまものに求めるんじゃなく

床に物直置きして部屋が荒れていくのは本当にダメ、全ての生活崩壊の原因きっとこれだった、これが蟻の一穴となって全てに広がったに違いない、生活を億劫に感じる要素を排して少しずつ慣性を起こすエネルギー作ってかないと…、慣れてないことをやりたくないはもちろん人類みんなそうだと思いますが、その傾向が近年強すぎる、立ち向かわないといけない、、リアイベ行くのは脳死で出来るから慣れてることだからスケジュール埋まるだけでしかないが、関東民の胡座かけなくなって遠征のこと考えるのマジで脳が働かない…慣れないことを考えるのストレス…昼間の一番活性な時間帯を俺の可処分に返して…
無限にだらけて一日五食とかして休日溶かす×2するのストレス解消といえばベタですけれどそんな常時ゲージで上限するようなものだろうかストレス、体感と合わない、、負荷掛かる機会の時にガッと増えて刻まれるもので機会が終わっても続く感じでないような、楽しいことしたら落ちてくんじゃなくて楽しい時間は単に楽しいゲージが伸びてくだけで…ってな

来週のゲスト🐜ちゃんだってよ!役以外で見れるの超珍しい 楽しみだね