広告

Rausch追加公演行ってきました

キャラクターとリアルライブがリンクする、本当にこれだと約束に錯乱してキャライメージ投影しまくっててすげえ思った、、
リサゆきの超ウェットな関係性はゲームのキャラクターのもので、相羽あいなと中島由貴はキャラクターを降ろした上でのライブパフォーマンスとしてあの顔を作ってくれて同じマイクで歌い回すなんてしてるわけだけど、
なんだけど神の目線で本来知れない演者の関係性を全て知った上で臨んでる感覚を、あの瞬間は完全に舞台の二人に投影して切り離せず見てたわけで。
約束はRoseliaのリサゆきの歌だって、ガルパと、音源配信始まってからずっっと聞いてきて自分に染みこんだじゃん?
特にこの聞いてるのがさ、音楽って音声情報だけで視覚使わないのが効いてるなって。あの声と音があればRoseliaで友希那さんなんだよね。
だから…あいあいとゆっきーのパフォーマンスを目で見てるのに、俺の感性に届く間にリサゆきのものとして変換されて受容してたわけでしょ? すげーな すっげえよRoseliaの世界観は
よく言われる文言だけど、他人が自分の内心を映す鏡だとか、声優がキャラ降ろす巫女だとか まあそれが空虚な定型文で無くなった瞬間だ、初めて我が身のこととして実感できた、きっと。
自分にとってこの感覚は大変エポックで再確認して裏付けがほしくてたまらないんですけど、映像化いつになるやら… その頃には薄れてしまう…
ポピパは3Dも2Dももちろん大好きでリンク感じてエモくなるのいっぱいやってるけど、こんな完全に重ねたことはなかった、、3Dポピパの存在を一つのバンドとして推しまくっているから? 一番好きなポピパのライブ、2D色皆無なCDJだしね。多分。

ツイもしたけどLOUDERがわけわかんねートレンド入りしてっけど、リンクしてる友希那さんのMCなんだから、実質バンストの3章立ての2章まで来てる今だから、ましてや約束から繋いだら、FWFと絡めて考えるのが自然でしょ、
だってLOUDERは父親の曲なんだから、どれだけ大好きでもRoseliaとして出場するからには引っかかり覚えるのは不思議じゃないことで、それを受け継ぐ方向に昇華するんじゃなく、"でした"過去形として臨む道を選んだんだって、あのMCでそうビビッと来てブチ上がったよ俺は、
ので何時間もネガい話題でトレンド抑えてるのなんだかなーって見てるよ、もっとキャラクターと世界観に向き合おうぜ 目の前のリアルのゴミじゃなくて。 てかそうに違いないんだって空気をファンが作るの供給側にだって逆に影響与えるわけだしね 口にすればするだけ望んでないはずの方に効果的になるだけじゃん。
(厄介は構ってやったら向こうが大喜びするだけで負けの面もあり…だからゲームの世界観の外でリアル大人達が粛々と対処するんでいてほしくて、それを持ち込むようなエンターテイナーであってほしくないという願望が多々投影されているな?これも)
それはそれとしてブレイク長く取って自然に歓声が沸き上がった勢いで開ける演出は🏠🐯潰しとそうじゃないという体面持ちつつライブでしか出来ない自然なパフォーマンス兼ねててめちゃくちゃ好き…。