広告

NT01AX買った(今更)

2世代前のハイエンドBTイヤホンだけど、在庫処分が公式サイトで新品同様の保証付きで実質6000円ぐらいで売ってて、当時の空気考えるとさすがに信頼できる機種だったので無試聴でこれにした。
aptX付いてるのノイキャン不要でも下から数えてSoundcoreかこれかで、どっちも使ったことないならAnkerよりNUARLかなと。何より定価が違う。
ミドルレンジTWSはやっぱ価格差に敵う指標は無いかなと…。こないだ変に欲掻いてTwitterでも使用報告結構ヒットする中華メーカー選んでなお大後悔させられたので…。

感想、ボリューム上げても全体のバランス良く音の情報量がきちんと増してく、ちゃんと鳴らせてる感じて満足です。
こっちは音色がスッキリしてるから、パッと見TWS03Rのが好みだったけど、使ってる内に性能差が明白でした。
あっちはボリューム上げても聞こえない情報は聞こえないまま音がスカスカになっていってて、イコライザで口当たり良く仕上げてても根本的な能力不足を感じたから。

しばらく使った追記

ホワイトノイズが我慢できるちょっと上ぐらいにうるさい。音量小さめで聞いてると楽器ボーカル鳴ってるにも関わらずノイズ感じる時がある。。。
BT-W3との相性が最悪。一度NT01AXの電源を落とすとBT-W3も電源を落とす=USBを抜かないと再ペアリングしない症状が必ず発生する。ファームウェアちゃんと最新版なんですけどー。
バッテリー保ちのためにマスターをLRローリングさせるために両ペアリング要求する挙動が悪いんじゃないかと睨んでますが妄想。
仕方ないのでスイッチでオンオフ切り替えれるUSBアダプタを買った。
NT01AX買った直後にCX 400BTが突発投げ売り始めるし散々っす。。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アウトレット NUARL 10時間再生(最大35時間再生) マイク・リモコン付 Bluetooth5.0 左右独立ステレオ 完全ワイヤレスイヤホン IPX4耐水 NT01AX-BM(ブラックメタリック)
価格:6980円(税込、送料無料) (2021/1/31時点)