広告

2021年10月25日(月)

マンハッタンカフェがスポーツの美味しいとこだけ味わせてくれた。

一目惚れして入れ込んだ選手が、競りつつしかし確実に勝負に勝つ姿を見せて、しかも特別な立場から応援する喜びを教えてくれて、キャラクターの物語としても4時間ぐらい程よく筋通った消費して楽しめて、いやースポーツをモチーフにしたゲームって楽しさの上澄みだけ掬えて本当に良い物だった 皮肉っぽくなっちゃってるけどこれ心底の感想、ベタ褒め。

これ以上深掘りするにはシーズン掛けて負けに付き合い続けてかないといけないとか、入口たる入れ込む切っ掛けが無いだとか、好きだった娘が期待の性能にならない乱数に愚痴らなきゃならんとか。

物語から離れてっちゃうんで、運営は続いているのに私の中では遊び切りコンテンツの箱にしまって綺麗に保とうかと、珍しく割り切れた心情がだいぶ不思議な動きしたんでツイに飽き足らず日記で補足まで書いちゃったんだぜ。

追記

ここ数日ソロぴょい加工動画再生しまくったり小倉唯のサブスク聴いたり過去ツイ遡ったりしてたらこんなん発掘して人生の伏線に驚いたのなんの、、
6年前、天津風とかリップとかで名前覚えてたんまではわかるが…何あって入れ込んでないユイオグラに言及しようと思ったんだろう…?